自然が大好きで軽登山とアマチュア無線を楽しんでいます。

上高地トレッキング

トップ > 軽登山へ行こう > 山行一覧 > 上高地トレッキング

いつかは行こうと思っていた上高地

大正池からのパノラマ

上高地トレッキング 大正池~河童橋

2012年6月14日(木)ローカルの旅行社かみこうバス旅倶楽部の「上高地フリータイム3時間半の散策」ツアーに行ってきました。バスの乗降場所が自宅から徒歩5~6分のところにあるため大変気に入っている旅行社です。当日は、相模原市から5時間かけての現地入りです。

大正池と穂高連峰
大正池ホテル前でツアーバスから下り、少し歩き開けたところに出ると大正池です。途中を楽しむ時間もないくらいまた、こんなに気軽に着いてしまっていいのかと思うくらいです。梅雨の時期なのでレインウエアを着て雨の中のトレッキングを想像していましたが梅雨の晴れ間のトレッキングとなりました。上の写真は、穂高連峰方向です。

大正池と焼岳
大正池から焼岳の風景です。この焼岳の噴火で大正池ができたそうです。

大正池の風景
少し歩くとこんな綺麗な風景に出会えます。

鏡の様な水面
鏡の様な水面(みなも)に感動します。

大正池付近の木道
新緑に囲まれた木道もいい感じです。

大正池付近の道標
道標もあり迷うことはありません。

揚城戸跡
綿毛がたくさん飛んでいました。やなぎの綿毛です。やなぎの種が綿毛に包まれ風に運ばれている風景に癒されます。

林間コース
梓川から少し離れ林間の道を進みます。

新緑
新緑の中のトレッキングです。写真に撮れなかったがウグイスを近距離で目撃。クマザサに下りてきて鳴いてくれました。

田代池
しばらくし、開けたところに出ると田代池です。新緑と田代池の風景は最高です。時間があればゆっくりしたいところです。

田代池付近からの穂高連峰
明るい草原と穂高連峰の風景です。梅雨空の雲がとれればよいのですが。

梓川への分岐
梓川の河原に出てお昼にしました。通り抜けが出来ないためここまで戻り、田代橋方面に進みます。

田代橋
田代橋が見えてきました。この橋を渡り、さらに穂高橋を渡り右岸にでます。

穂高橋からの風景
穂高橋から穂高連峰方面の風景です。写真の左下に上高地清水屋ホテルが見えます。

上高地温泉ホテル前からの風景
梓川の右岸にでて、上流への遊歩道を進むと上高地温泉ホテル、上高地清水屋ホテル前に到着。ホテル前から見える六百山と霞沢岳です。




上高地温泉ホテル前からのパノラマ
上高地温泉ホテル前からのパノラマです。ベンチがあり、ゆっくり風景を楽しむことができます。




ウエストン碑
さらに上流へ道を進むと、英国人宣教師ウォルター・ウェストンのレリーフの場所にでます。レリーフは、岩場に設置され手前に清流が流れています。

ウエストン碑から河童橋へ
ウエストン碑を後にして、今回の最終目的地である河童橋への道を進みます。白樺林と新緑のコントラストが美しい。

右岸から上流に見える河童橋
河童橋が見えてきました。右岸下流から見る河童橋の風景です。

河童橋を右岸から五千尺ホテル方向を望む
河童橋の右岸から五千尺ホテル方向の橋の風景です。

河童橋から穂高連峰を望む
河童橋から穂高連峰の風景です。雲がなければすばらしい風景が広がるところですが梅雨の風景もなかなかです。

左岸上流から見る河童橋
河童橋を渡り、左岸上流から見る河童橋の風景です。

左岸下流から見る河童橋
左岸下流から見る穂高連峰と河童橋の風景です。

河童橋のレリーフ
河童橋のレリーフ、森永キャラメル製です。

上高地帝国ホテル
XYL*1のリクエストで上高地帝国ホテルでお茶をすることになり、河童橋から田代橋付近まで大きく戻り、田代橋からの道にでたところを左折し、上高地帝国ホテルへ。上高地バスターミナル集合時間まで、残り時間30分です。

上高地帝国ホテルのケーキ 上高地帝国ホテル領収書

ケーキと紅茶で一息入れ、早々に上高地バスターミナルへ。車道の脇にある木道を進みます。急いでいたせいもあるが、あっという間に上高地バスターミナルに到着。少し時間があるため上高地インフォメーションセンターを見学しました。滞在時間、3時間半の上高地トレッキングは終了。ツアーバスで帰路に着きました。


関連リンク:山行一覧


次のメニューはトレーニングです


*1 XYLとはアマチュア無線用語で奥さんのことを言う

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional