にきび跡の治療法にはいくつかの方法があります。

・レーザー治療〜いろいろあるレーザーの種類から、その人の症状に合わせたレーザーを照射する治療法。色素沈着や肌の赤みなど、ほとんどのにきびの症例に対応。

・ケミカルピーリング〜化学物質によって肌の角質層を削り取る治療法で、にきび跡のクレーターを目立たなくする効果がある。

・ビタミンC誘導体〜ビタミンCを塗り、皮膚の上から作用させる。色素沈着のにきび跡に効果があるうえ、コラーゲンを生成する働きがあるため、凹凸になってしまったにきび跡にも効果があるとされる。

・ヒアルロン酸注入〜凹部分にコラーゲンやヒアルロン酸を注入して目立たなくする方法。数カ月〜半年程度で自然吸収されてしまうので、定期的な注入が必要。

・ウエットピーリング〜ピーリングと同時に、ヒアルロン酸やハイドロキノン、サリチル酸、ビタミンCなどのさまざまな薬液を肌に浸透させる治療法。

Copyright © 背中ニキビに効果のあるピーリング石鹸はこちら All rights reserved